トップ

人に言えない臭い改善

女性のデリケートゾーンのニオイ

体臭一番の原因は「雑菌」

多くの女性にとってデリケートゾーンのニオイは気になるところでしょう。自覚できるほどなら周りにも臭っているかもしれません。実際に男性の7割はデリケートゾーンのニオイが気になっています。彼氏から臭うと指摘されたらショックです。

そもそもデリケートゾーンはニオイの原因であふれています。例えば生理の経血や「おりもの」はそれ自体が臭いますし、ナプキンや下着には他にも尿や汗、垢などが付着します。さらにデリケートゾーンにはアポクリン腺と呼ばれる汗腺がたくさんあり、脂肪分やアンモニアを豊富に含んだ汗をかきます。

これらは皮膚にある雑菌の栄養分となり、悪臭を発生させます。しかもデリケートゾーンの辺りは着衣のせいで高温多湿になりがち。雑菌が繁殖するには格好の場所なのです。

こうしたニオイを防ぐためには、雑菌が繁殖する前にその原因を絶たなければいけません。そのためには、常にデリケートゾーンを清潔に保つことが大事です。例えばナプキンはこまめに取り替えます。表面上キレイに見えても雑菌が付着しているかもしれません。長時間同じナプキンを付けたままでいるのはNGです。

下着は通気性の良い素材のものを選びましょう。締めつけたり保温効果があるものは雑菌が繁殖する原因になるので、避けた方が無難です。

それまで何ともなかったのに、急にニオイが強くなった時は婦人科の病気を疑った方が良いでしょう。子宮頸がんや子宮内膜炎、膣炎や性病の可能性があります。おりものが増えたり色の変化を伴うなら、診察してもらうべきです。

ただし、生理前は卵胞ホルモンの活性化によって、おりものが増えてニオイが強くなる傾向があります。また、ストレスなどによるホルモンバランスの乱れでも汗や皮脂が増加して、雑菌が繁殖しやすいのです。

Copyright © 女性のデリケートゾーンのニオイ. All rights reserved.